• ホーム
  • バイアグラ処方時の問診票は正確に記入しないと危険

バイアグラ処方時の問診票は正確に記入しないと危険

考えている男性

バイアグラとは、勃起不全を治療する薬として一世を風靡しました。
1998年にアメリカで、翌1999年の早々には日本でも発売が許可されました。
なぜそんなに早く日本でも承認されたのかと言えば、勃起不全の治療薬としての効果が非常に高く、その噂から日本でも個人で輸入をして使用する例が多く、バイアグラを服用しての副作用から命を落とす人も出て来たので、いち早く承認して正しい知識を広める必要があったからです。
つまり、服用の仕方を一歩間違えば、それだけ危険な薬でもあるということです。
そのことから、バイアグラを処方する場合は、医師の診断のもと使用することをおすすめします。
通院して医師からの処方を受けると、それだけ薬代も通院代もかかるため費用的には負担は大きくなります。
しかし、命にかかわることもある薬であることを、しっかりと認識しなければなりません。
特に、心臓に持病を持っている方や糖尿病の傾向がある方などは注意が必要です。
そのため、病院で診断を受ける際には、自分の持病や過去の病気、今の健康状態や服用していた、もしくは現在服用している薬、アレルギーや副作用などについて細かく問診票に記入をしたうえで、自分の状態について良く医師に話をしなければなりません。
併用禁忌薬もありますので、飲み合わせによっては発作を起こして、大変危険な場合があります。
特に狭心症の発作治療に使用されているニトログリセリンや抗不整脈薬、硝酸剤を使用している方は、血圧が一気に危険なレベルまで下がり、最悪死亡してしまうケースがあります。
実際に、海外でも国内でもこのケースは多く報告されているのです。
しかしながら、しっかりと服用の注意を守って使用していれば、このようなケースに陥ることはありません。
ですので、個人輸入などで自己判断で使用せずに、しっかりと医師の診断を受けてから使用をしましょう。

関連記事
人気記事一覧