• ホーム
  • 夜の元気を取り戻すためのバイアグラの使用方法

夜の元気を取り戻すためのバイアグラの使用方法

夜の活力の面で、年齢が上がっていくと元気が無くなることが考えられます。
性行為などで元気が無くなってきたと感じるときには、専門のクリニックでバイアグラを入手する改善方法があります。
バイアグラは医薬品となるために、使用方法を把握しておくことが大切です。
バイアグラの効果の持続時間は4~5時間となりますので、性行為を行う少し前に水で服用します。
水が無いときには、お茶やアルコール、清涼飲料水などでも服用することが可能です。
ただし、牛乳や脂肪分が含まれている飲料で服用をしてしまうと、薬の吸収を妨げる可能性がありますので避けたほうが賢明です。
噛み砕いて服用する使用方法は、苦いだけで効果が現れることはありませんので注意したほうが良いです。
1日あたりの服用回数は1回までで、次の服用までは24時間以上空ける必要があります。
低血圧や重度の肝機能障害がある人の場合、脳梗塞や脳出血などの既往歴がある人の場合、硝酸剤や一酸化窒素供与剤を投与されている患者の方などは使用することはできません。
バイアグラを服用したからといって、それだけで自然に陰茎が勃起するということはなく、服用してから性的刺激を受けることで勃起が促進されます。
バイアグラそのものに、性的興奮作用であったり、性欲増進作用があるわけではありません。
食事と一緒に服用することで、空腹時と比較して効果が現れる時間が遅れたり、効果そのものが半減してしまうことが考えられます。
食前30~40分前であればバイアグラを服用したとしても、十分に効果を得ることができます。
どうしても食後に服用するしかないときには、油っこい食事を避けてその後2時間ほど時間を空けてから服用することがおすすめです。

関連記事