• ホーム
  • 年齢やフィンペシア原因の性欲減退はバイアグラで改善

年齢やフィンペシア原因の性欲減退はバイアグラで改善

性欲の減退などによって、夫婦生活が円滑に行われないことも考えられます。
性欲が減退する原因としては単純に年齢的な理由による場合もありますが、その他には薄毛治療薬によって引き起こされることもあります。
薄毛の原因は男性ホルモンなどが影響されて起こるものが存在しているために、薄毛治療薬には男性ホルモンを抑制させる作用のあるものが多いです。
薄毛治療薬の一種としてはフィンペシアなどもありますが、これらの治療薬を服用することで副作用として性欲減退が起こる可能性があります。
年齢によるものやフィンペシアの使用などが原因で性欲が減退しているときには、ED治療薬によって症状の改善を目指す方法があります。
厚生労働省によって承認を受けているED治療薬として、バイアグラやレビトラなどがあり、専門のクリニックを受診すれば処方してもらえます。
バイアグラなどのED治療薬と薄毛治療薬は併用することが可能ですので、薄毛を発症している人であっても安心して服用できます。
バイアグラに含まれているシルデナフィルには、ペニスの血管を拡張させる作用がありますので、勃起を改善させる効果があると考えられています。
処方を受けるにはED治療を謳っているクリニックを受診するか、泌尿器科などでも処方を行っている病院もありますが、どこでも処方が受けられるというものではありませんので、事前に問い合わせをしたりホームページを確認して調べておくことがおすすめです。
バイアグラの処方などは自由診療に該当しますので、保険は適用されないために、処方時に健康保険証を提示する必要がありません。
1錠あたりの価格の目安は1300~1500円ほどと言われており、初めて病院を受診するときには初診料も1500~2000円ほどかかります。

関連記事