• ホーム
  • 輸入代行でクエン酸シルディナフィル(バイアグラ)

輸入代行でクエン酸シルディナフィル(バイアグラ)

手のひらで薬を持つ人

クエン酸シルディナフィルは、1,990年代の前半に狭心症の治療薬として開発された後に、臨床試験において勃起不全に対しての改善効果が確認されたことにより、バイアグラという商品名で販売されることになります。
その後、1,990年代の後半から2,000年代にかけて、世界中で一大センセーションを巻き起こすことになります。
日本でも1999年の初頭に承認されており、ED外来を設置している医療機関で処方されています。
クエン酸シルディナフィル(バイアグラ)は、勃起の妨げとなっている酵素の活性を阻害するという作用があり、これにより結果的に男性性器周辺の血流量が増加することになります。
そして、性的な刺激をきっかけに勃起可能という状態となり、有効成分が体内に残っている間は効果が持続します。
このために、理論上は複数回のプレイを楽しむことが出来ますが、精力を向上する様な作用はないので、身体には負担がかかるということを認識しなくてはなりません。
このクエン酸シルディナフィル(バイアグラ)は、ED外来を行っている医療機関で診断を受けた後に購入するというのが基本的な流れとなりますが、個人輸入代行業者を利用するという方法もあります。
ただし、クエン酸シルディナフィル(バイアグラ)の内容についてきっちりと把握しなければなりません。
それは、誤った利用をすると副作用に見舞われる危険がありからです。
なお、クエン酸シルディナフィル(バイアグラ)は、元々狭心症の治療薬として開発された降圧剤であり、服用すると血圧が急激に低下します。
このために、著しい低血圧や高血圧の人、さらに心臓に問題がある人などは服用することは禁止されています。

関連記事
人気記事一覧